• ホーム
  • 博多織について
  • 博多織とは
  • 献上・五色献上
  • 博多織ができるまで
  • 伝統七品目
  • デジタル織
  • 証紙
  • 帯のお手入れ
  • 伝統的工芸品
  • 組合について
  • 博多織工業組合の歩み
  • 組合概要
  • 組合員紹介
  • 青年部について
  • お問い合わせ
博多織スケジュール
  • 伝統的工芸品展WAZA2017
  • 第61回新作博多織展



  • カレッジ
  • 博多織ブランド一覧
博多織について
献上とは
慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有するようになってからは、幕府への献上品として博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋を献上するようになりました。その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様と中間に縞を配した定格に固定されていました。それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれていたものが、それ以来「献上」と呼称されるようになったのです。
独鈷と華皿
五色献上
森羅万象を象徴。江戸時代、幕府に献上した博多織の原点。
紫、青、赤、黄、紺の古式染色による五色献上。江戸時代に筑前藩主黒田長政が幕府に献上していたことからこう呼ばれています。もとは隋の思想で、森羅万象のあらゆる現象の基となるものは「木・火・土・金・水」の五つとした五行説を、色と結び付けたものです。日本では、儒教の五常に対応され、紫は徳、青は仁、赤は礼、黄は信、智は紺をそれぞれ象徴しています。
  • 紫 ムラサキ草の根

    落ち着きと品格、神秘の色。古くから高貴の色とされ、中国では皇帝から賜る色として尊ばれてきました。
  • 黄 ヤマモモの皮

    陰陽五行説では大地の色、方角の中心です。揺るぎ無い皇帝の威力を表わしており、他のものが使うことを許されない色でした。
  • 青 かりやす、あい

    陰陽五行説では、方角として東に配され、季節のはじめの春の色です。穏やかさ、静けさ、平和を表わす色とされています。
  • 紺 アイ

    力強く重厚、信用を訴える紺色。赤みを含んだ深い青は、まじめで知的な印象を与えます。
  • 赤 日本アカネの根

    色名は、天に昇る太陽に由来。偽りなき誠の心を意味します。また、幸福や富を表わす色ともされています。
  • ※色名の後の素材は五色献上復元による染料です