メニュー

博多織777周年記念

古くから海外との交易の町として栄えた博多は、日本の織物発祥の地と言われています。
織物の技法は、博多商人の満田彌三右衛門が、
僧侶 圓爾辯圓(後の聖一国師)の随行者として
博多綱主 謝國明の船で南宋に渡り、織物の製法を修得。
仁治二年(一二四一年)に帰国し、伝えた織物技法が、博多織の起源と言われています。
二〇一八年、博多織は伝来七七七周年という大きな節目の年、記念の年を迎えることができました。
日頃の皆様のご支援・ご協力に感謝し、さらなる産地の飛躍を目指し、
様々な777周年記念事業に取り組んで参りたいと存じます。

01

記念ロゴについて

博多織工業組合では、博多織伝来777周年を迎えるにあたり、様々なイベントを企画し、博多織の認知度向上を目指しております。

多くの方々に博多織777周年をご周知いただくため、ロゴマークを制作いたしました。(商標登録申請第2017-143475号)

concept

777周年記念ロゴ

過去の歴史に支えられた、
博多織のこれからの新しい未来。

博多織の代表的な博多献上模様の、独鈷、華皿、縞を構成する四角、三角、線の要素をモチーフとして組み合わせ、創始の777年を文字化したデザインとしました。
また、これからの未来志向としての上昇のイメージ性を感じるようなシャープさを出した幾何学的なジオメトリーパターンのデザインを行い、さまざまな展開が可能なように考えました。
これからの未来の博多織が、生活の様々なシーンでアグレッシブに活かされるように期待をしたいと思います。

※理義字(りぎじ) 森 品 轟

license

ロゴの使用を希望される方は、使用申請書を当組合へご提出ください。
申請受付後、組合内で審査を行い、承認後にデジタルデータをメールにて送付いたします。
仕様マニュアルがございますので、その範囲内でのご使用をお願いいたします。

02

記念事業予定

博多織工業組合では、博多織伝来777周年を記念し、また皆様からのご支援に感謝し、様々な事業を実施してまいります。
詳細は、組合HPやFB等で随時発信してまいりますので、よろしくお願いいたします。

schedule

2018年1月
祈願祭
2018年3月
博多伝統工芸展 in 東京
2018年5月
新作博多織展
2018年6月
Hakata Ori Fan meeting「レセプションパーティー」開催
2018年6月
博多織モニター販売会
2018年8月
Hakata Ori Fan meeting「浴衣Night」開催
2018年8月
【博多織スタイルブック】発行(「美しいキモノ」別冊)
2018年9月
大博多織まつり
2018年10月
きものサローネin日本橋
2018年11月
第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会 福岡大会
2018年11月
第116回博多織求評会
2018年12月
Hakata Ori Fan meeting「クリスマスパーティ」開催

03

記念事業協賛について

博多織は、福岡・博多の豊かな自然風土で育まれ、悠久の時を経て、本年、輝かしい歴史の年を迎えました。
777周年を新生博多織のスタートの年と捉え、記念イベント、広報活動等で国内外に発信し、博多織の飛躍の年になるよう、産地織元一丸となり取り組みます。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

entry

伝統文化を継いで絹織物の培われた技術と現在のハイテクノロジー、織技術デザインを融合させモノ作りの老荘青のクリエイターが多種多様な製品を作り出しております。
福岡・博多の和文化の原点ともいうべき博多織は、帯・きものをはじめ、インテリア・ファッションからギフト商品まで、そのアイテムは600を越えます。
どうか主旨ご賛同の上、ご協賛金のご配慮を賜りますよう御願い申し上げます。

事業実施期間 平成30年2月 ~ 平成31年3月31日
協賛金の目的 博多織777周年記念事業実施運営資金
協賛金額 (法人)1口 10万円、(個人)1口 1万円
申込方法 申込書にご記入の上、
メール又はFAXでお申込みください。

協賛申込の手順

1.申込書ををダウンロードする

下記より協賛申込書をダウンロードして、各項目をご記入ください。

協賛申込書のダウンロード
(PDF形式,54KB)

2.メール又はFAXで送付する

ご記入いただきました協賛申込書は、下記宛先に郵送、メール、FAXにてご送付ください。

博多織工業組合
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町5番10号
TEL 092-409-5162
FAX 092-409-5086
E-mail info@hakataori.or.jp